夏の疲れを取り除くのは、短い秋を有効に使いましょう。

残暑が厳しく残る今日この頃です。残暑が続くと言っても、暦では“ 秋 ”を示唆しています。夏の疲れを取る為には、期間が短い秋を有効に使わなければいけません。また、夏の疲れを取り除くためだけではなく、冬の寒さへの準備期間とも考えられます。

まずは、体に溜まっている「夏の疲れ」を取り除くとしましょう。秋と言えば、「食欲の秋」です。自然の力は素晴らしいもので、季節ごとの旬の食材にはその季節に必要と思われる栄養素が豊富に含まれています。秋の食材には、ミネラル・ビタミン・食物繊維などが豊富で、夏の疲れを取るためには最も有効な栄養素が備わっています。

まずは、魚貝類から。「秋サバ」は、9~10月が旬となり脂がのって美味しいです。含まれている栄養価は、生活習慣病の予防に効果を発揮するEPA・DHAが多く含まれている他、鉄分やビタミンも多いことから疲労回復には欠かせない栄養素です。また、秋といえば「秋刀魚」です。秋サバと肩を並べて、秋の人気食材のひとつです。含まれている栄養価は、サバと変わり有りませんが、タンパク質やカルシウム・ビタミン・鉄分のバランスが良いと言うことを付け加えておきます。

土地の恵みとして、「キノコ」の存在を忘れてはいけません。キノコも秋の旬として代表される食材です。キノコには、食物繊維をはじめとして、ビタミンB群・ビタミンDが多く含まれています。ビタミンB群には、疲労回復効果はもちろんのこと、寒い冬に向けて体のエネルギーを蓄える効果があります。また、食物繊維とビタミンDは腸内環境を整えるとともに、美容効果に優れています。

いかがでしたか?今回は、サバ・秋刀魚・キノコの三種類の食材をご紹介しました。3万円 借りる