お店屋さんごっこでいつでもごこでもお菓子屋さん

3歳になる息子は、お店屋さんごっこにハマっているようです。
公園でも自宅でも、出かけた先でも、自分の手が置ける位置に棚のようなものがあれば、そこはお店に早変わりします。

今日も病院の空気清浄機の後ろに立っては「お店屋さんごっこ」と言い、1人ステージが始まりました。
幸い、他の患者の方がいませんでした。
そして、「たいやき」に「アイスクリーム」に「クッキー」に「プリン」など沢山のお菓子を作ってくれました。どれでも息子の好物ばかりです。

自宅に帰ってからも簡易で手作りしたレジスターを使ってお店屋さんごっこが始まりました。
そこでは、「うどん」に「オムライス」に「納豆」に「おにぎり」に「パスタ」などが売られているようで、これまた息子の好物ばかりでした。

そのこともあって、お昼ごはんはオムライスにしたところ息子は大喜びでした。

そんな、起きている間はずっとお喋りして動いている息子もお昼寝中は静かで大人しいものです。当たり前ですが。
騒がしくても元気で明るい子どもが何よりです。