うれしいけど、実行レクレーションは大の下手だ。

身近宅に行ったこと、懐かしのレジャーがいらっしゃるという結果遊ばせてもらうことにしました。
そのレジャーとは、「スーパーマリオブラザーズ」のファミコンバージョン。ぼくが昔に発売された、極めて思い出深い超名作の運動レジャーだ。
とはいえ、ぼくが昔はテレビレジャーが論外だったので、遊んだのは発売されて10階級くらい経ってからでした。
それでも、その時から大いに経っているので、いかなるレジャーだったっけ、と思い起こしながら始めてみました。
操作してみると、どうにもエッジの手順は覚えていたのですが、土管の間にあるノコノコを蹴ってしまい、それに突き当たりゲームオーバー、
落とし穴をジャンプして超えようと思ったら、バリアに激突してゲームオーバー、と自分が運動レジャーが苦手ということを思い出しました。
考えてみると、これまで1実情しかクリアしたことがありませんでしたので、できなくて当たり前ですね。
友人にはどうしてもクリアできないので、呆れられてしまいましたが、久々に思い出深いレジャーができ、マリオのMusicを聴けて、楽しかっただ。

自転車に乗ってどこまでも

いま自転車を買ったので、赤ん坊という2人で出掛けるグランドがひろがりました。がんらい、自家用車の走行が得意ではなかったしダディーの不可欠の日光はダディーが乗って行ってしまうので足が歩行しか無く近所の超絶に行く身の回りでした。但し、元手せっせとしてようやく自転車を買いました。しかも電動。これを機に、赤ん坊を各種公園に連れていってあげたいとおもいます。自転車に跨るのはハイスクール振りなので防犯走行を心がけないととしている。赤ん坊も自転車にのるのが楽しいらしく、前カゴにのって楽しそうに笑って要るカタチをみると、高かったけれど買ってよかったなとしみじみ思います。今は自家用車でどこでも伺える時世だけど、私も小さい頃のメモリーといったら母の自転車の裏側にのって振りをきって走っていたメモリーが旅行の取り分け楽しかったメモリーなのでわが子供も同じように振りを羽織る楽しさを教えてあげたいなと思います。そうして、大人になった状況どこかではからずも思い出してくれたらなぁなんて考えています。http://www.sat3117.com/